実りの秋。新米、秋刀魚、ぶどうに栗にきのこと秋はおいしい食材が盛りだくさん。旬の味覚はシンプルに調理するだけで十分においしいものですが、テーブルコーディネートや合わせるお酒にも気を配ると、さらにおいしい時間を演出できます。今回は手軽でワンランク上の秋の食卓を作るポイントをご紹介します。

cado_column_171030_2

秋らしさを感じる素材やカラーでまとめよう

新しいテーブルクロスや食器を買わなくても、手元にあるお皿や小道具で秋らしさを演出することは難しくありません。木製サーバーやカトラリー、土モノのどっしりとした大鉢や漆器など、手仕事の温もりを感じる食器を使うだけで、落ち着いた秋らしい食卓になります。もし新たに買い足すなら、箸置きやランチョンマットは手軽に気分をガラッと変えられるので便利。特に、箸を取る時に必ず目にする箸置きは、キュートなモノもたくさんあるのでアクセントになってオススメです。ランチョンマットはブラウンやカーキ、ボルドーなど秋らしさを感じるカラーを選びましょう。

cado_column_171030_3

秋のビッグイベント、ハロウィン風にするなら

近年はクリスマスと並ぶくらいの盛り上がりを見せるハロウィン。10月31日に自宅でハロウィンパーティーを予定している方も多いはず。仮装やお料理に凝ると、テーブルコーディネートまで手が回らないこともありますよね。そんな時はテーブルクロスやランチョンマット、ナプキンなどのクロス類を、黒×オレンジでまとめるだけで、簡単にハロウィン風に仕上がります。差し色にパープルや深いグリーン、ゴールドを使うと、チープにならず大人っぽさをプラスできますよ。

cado_column_171030_4

センスアップを狙うなら「フィギュア使い」がポイント

フィギュアとは、食器、グラス、カトラリー、クロスやなプリンなどのリネン類を除いた装飾品を指します。たとえばテーブルに飾る生花やキャンドルスタンド、ソルト&ペッパーなど。キャンドルホルダーを飾るのは少し敷居が高くても、植物を飾ることなら簡単。紅葉や銀杏などの枝葉を飾れば、秋の気分がグッと高まります。好みの生花を飾る時も、花瓶をガラスからダークな色味の陶器に変えるだけで、テーブル全体のトーンが引き締まります。

cado_column_171030_5

食事の後の気になるニオイのカンタン解決策

ところで、ハロウィンやクリスマスに自宅でパーティーをした時や、お鍋やホットプレートメニューなどを楽しんだ時。リビングやダイニングに残ったニオイが気になることってありますよね。そんな時にオススメなのが、就寝前に「空気清浄機」のタイマー機能をONにしておくこと。翌朝にはイヤなニオイがすっきり消えているので、気持ちのいい朝を迎えられますよ。ぜひお試しください。

おいしいモノが多くてつい食べ過ぎてしまうこの季節。「食欲の秋」を満喫した翌日は、「スポーツの秋」も楽しみつつ、深まる秋をお過ごしくださいね。

実りの秋。新米、秋刀魚、ぶどうに栗にきのこと秋はおいしい食材が盛りだくさん。旬の味覚はシンプルに調理するだけで十分においしいものですが、テーブルコーディネートや合わせるお酒にも気を配ると、さらにおいしい時間を演出できます。今回は手軽でワンランク上の秋の食卓を作るポイントをご紹介します。