「空気をきれいにチャリティ」プロジェクト、今回は取り組みに賛同してくださった肺や心臓などに疾患を抱えた患者を治療する埼玉県の急性期病院、かわぐち心臓呼吸器病院にカドー空気清浄機を設置しました。

*「空気をきれいにチャリティ」プロジェクトとは、空気に困っている人々のために家電量販店などから回収した店頭サンプルを中心に有効活用して空気清浄機を無償提供する活動です。

埼玉県の急性期病院、かわぐち心臓呼吸器病院は、あらゆる心疾患、呼吸器疾患の患者を24時間365日体制で受け入れる、埼玉県川口市およびその周辺地域では数少ない医療機関です。日中、車椅子の患者が生活し、食事や、家族との面会スペースでもある共用ルームの環境をクリーンにしたいという思いを受け、提供する運びとなりました。

news09282017-02

*かわぐち心臓呼吸器病院 看護部長 長澤 みよえ様

<看護部長の 長澤 みよえ様からコメントをいただきました>

『2年前に病院ができてから、患者さんの療養環境をどうよくしていくかを考えていました。中でも、色々な患者さんが食事をしたり、面会に来た家族と過ごすための共用ルームは特に空気環境の改善が望まれていました。そんな中このプロジェクトのことを知り、応募しました。今回の導入で、環境をクリーンに整えて、患者さんや病院を訪れる方、またスタッフがきれいな空気の中で過ごしてほしいと思っています。今後は共用スペースだけではなく、病床内の環境をどう心地よくできるかを考えていきたいと思います。』

<プロジェクトの現場から>

看護部長の長澤みよえ様は、当病院の開院時より看護部長を勤めており、病院や患者様、またご家族の方に対する深い想い入れを語ってくださいました。 1人でも多くのお困りの方々に知っていただき、僅かでも寄与ができれば空気清浄機メーカーとして幸いです。

news09282017-03

家電量販店などから回収した店頭サンプルなど、倉庫に眠っていた空気清浄機を使って空気に困っている人にきれいな空気を届けられないか、という思いでスタートしたこのプロジェクト。 プロジェクトは今後も、空気に困っている方へのご提供先を募集しています。 自薦・他薦問いませんので、ぜひ皆さんご応募ください。

本リリース詳細はこちらです。