日頃より、弊社の「次亜塩素酸水 Purio」をご愛顧頂き有難うございます。

一部報道において、「次亜塩素酸水、有効性は確認されず」等という内容の発表がなされました。これを受け、お客様に混乱や不安を生じさせる恐れがありますので、以下、当社の見解をお伝え致します。

1.「次亜塩素酸水、新型コロナウィルスへの有効性は確認されず」という報道に対して

2020年5月29日のNITE※1の報告の内容は、「市場商品群のなかには効果が認められない製品も含まれる中、継続的に検証を続ける」という中間報告であり、今後引続き検証が実施される予定です。

商品群の中には有効性が認められる商品も含まれておりますが、今回のNITE検証対象商品群に当社が販売しております「Purio」は含まれておりません。

新型コロナウィルスに対する次亜塩素酸水の有効性に関しては、一部の研究機関よりその有効性を認める研究結果が発表されていますが、弊社としましてはNITEの最終検証結果の報告を待ちたいと思います。

2.「次亜塩素酸水の噴霧での利用は控えて」という報道に対して

2020年5月29日のNITE報告は、現時点において次亜塩素酸水の噴霧による新型コロナウィルスに対する有効性に明確な解答が得られていないという内容であり、NITEが次亜塩素酸水の噴霧を控えることを推奨する内容とはなっておりません。

本件見出しは、NITEの中間報告に対して一部のメディアがさも結論が出たかのように伝え、中間報告の内容につき誤認を生む報道となっていると弊社は考えております。

2020年5月29日に委員会※2から発表された『「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート)』に記載されている各国の衛生当局の見解は、「消毒剤」に対して人体や空間への噴霧を推奨しないという内容であり、「次亜塩素酸水」に対する見解ではありません。因みに次亜塩素酸水は分類上「雑貨品」に当たり、消毒剤には該当しません。

3.「次亜塩素酸水の除菌効果に対する疑問」について

一部の報道や記事において「次亜塩素酸水の販売に際し、特定の細菌やウィルスに対する有効性が表記されていない」という内容が指摘されておりますが、これに関してはそもそも「次亜塩素酸水」は上記「雑貨品」に該当するために、薬機法※3上、特定の細菌・ウィルスの名前を開示した除菌効果を公表することが禁じられております。

「Purio」の空間除菌の効果に関しては、第三者評価機関※4における弊社加湿器STEM300を用いた浮遊菌の除去性能評価試験を実施しており、20分間で99.9%以上の除去性能※5が得られています。

(試験は25㎥の密閉された空間で実施しており、実使用空間ではありません)

4.「Purioの安全性」について

「Purio」は提携企業である株式会社ワンテンス及びその開発元の株式会社レドックスが保有する特許技術(特許5243483)を用いた「3室型電気分解システム」で作られた次亜塩素酸水です。(pH:5.5~6.5、有効塩素濃度:約20ppm、電解質:NaCl)

当該特許技術で作られた次亜塩素酸水は食品衛生法に基づく清涼飲料水の規格基準を満たしており、安全性が確認されています。

株式会社ワンテンスでは今後、NITEの継続検証に対し、第三者機関で取得した試験データ等の情報提供を積極的に行っていく予定となっております。

※1. NITE:独立行政法人製品評価技術基盤機構

※2.委員会:新型コロナウィルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会

※3.薬機法:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

※4.一般財団法人 北里環境科学センター

※5.報告書番号:北生発2019_0486号