このスティックが毎日を変える baton baton

PRODUCT IMAGE MOVIE

Good Design Award GOOD DESIGN AWARD BEST100 受賞

「baton(バトン)」が、この度2022年度グッドデザイン・ベスト100(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
2022/10/7(fri) 〜 11/6(sun)

GOOD DESIGN EXHIBITION 2022/
2022年度グッドデザイン賞受賞展

会期中無休 / 入場無料
時間 11時〜19時(初日10月7日(金)のみ16時オープン)
   (最終入場は18:30まで)
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
住所 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階

このスティックが
毎日を変える

2017年より5年以上の歳月を費やし、
理想のドライヤーの形を追求した独自の発想をもとに、
軽量化と効率的な送風機能の両立を、
リレー競技用バトンのサイズで実現しました。
cadoが追求し続けた理想のカタチ「baton(バトン)」が、
毎日のヘアドライを「疲れず」「早く」「思い通り」にします。

Function 01

約298g ※1、重⼼設計の追求

⽬指したのは「ゼロ・グラビティ」。
腕をあげたまま使⽤していても疲れにくく、使⽤時の疲労度が圧倒的に軽減されるヘアドライ体験を実現しました。
⻑さ約277mm、直径約38.5mmのスティック形状を徹底的にスリムかつ無駄を省くことで約298g※1まで絞り込み、⼿に吸い付くような感覚のアルミ合⾦のボディが、 機能性、デザイン性を兼ね備え、誰にでも使いやすいヘアドライヤーです。

※1 電源コード、カールブラシを除く

Function
01

約298g ※1、重⼼設計の追求

⽬指したのは「ゼロ・グラビティ」。
腕をあげたまま使⽤していても疲れにくく、使⽤時の疲労度が圧倒的に軽減されるヘアドライ体験を実現しました。
⻑さ約277mm、直径約38.5mmのスティック形状を徹底的にスリムかつ無駄を省くことで約298g※1まで絞り込み、⼿に吸い付くような感覚のアルミ合⾦のボディが、 機能性、デザイン性を兼ね備え、誰にでも使いやすいヘアドライヤーです。

※1 電源コード、カールブラシを除く

Function 02

業界トップクラス※2の風量

スティック形状は、ただコンパクトなだけではありません。
超軽量パワフル、カドーHSDCモーターを新開発し、定格消費電力800Wの省エネ設計ながら、業界トップクラス※2の約2.0㎥/minのパワフルな風量を実現。
cadoが空調家電で培ってきた送風技術を応用し、大きいドライヤーこそがパワフルという常識を覆します。

※2国内家庭⽤ヘアドライヤーにおいて⾃社調べ(2022 年10 ⽉現在)

Function 03

独自スティック形状。直進性のある風で、髪の根元から速乾乾燥

ドライヤーと髪の理想的な距離は約20cm。ノーズレスのスティック形状は自然 と腕を上げるだけで、この最適な距離感を実現。狙ったところに最適な風と熱 を、頭頂部から毛先まで的確に風を届け、乾きにくい後頭部も効率的に時短乾 燥ができます。通常のノーズがついたドライヤーでこの最適なドライを行うとか なり腕に負担がかかる一方で、スティック形状のbaton(バトン)はラクにドライ可 能です。

Function 04

髪に優しい、スタイリングする⾵温調節

⾵温調節は4段階(⾼温/中温/低温/スタイリング※3)で、あえて最⾼温度を熱すぎない85℃に設定することで髪へのダメージを抑え、過乾燥を防⽌。
ブランド独⾃のハニカムベント(吹出⼝)とカールブラシプレートに遠⾚外線を放射するコーティングを施した、デュアル遠⾚外線構造に加え、マイナスイオンを含んだ温⾵で髪と地肌をやさしくケアします。

※3 ⾵温をスタイリングに設定すると温⾵と冷⾵が交互に切り替わります。

Function 05

2 in 1で楽々。カールブラシで⼿軽にスタイリング

カールブラシをマグネットで簡単装着でき、カールドライヤー としても⼀台で賄えて、スピーディーにスタイリング可能で す。こうしたコンパクトなドライヤーワークは髪のボリューム コントロールも細かく調整可能。サイドは抑えたり、トップに ボリュームを持たせたり、エアリーカールなどスタイリングま で⼀貫して⾏うことができます。

Function 06

コードが360度回転するノンツイスト機構搭載

ノンツイスト機構を搭載しているため、コード部分が360度回転します。 コードが絡まる煩わしさを解消します。

Function 07

「これなら、毎日ドライヤーしたくなると絶対思います」

このbaton(バトン)は美容のプロの声も取り入れ開発しました。i.Tokyo 菊地氏にbaton(バトン)の可能性について聞きます。

Function 08

スペースにも置きやすい、コンパクトの追求

スリムなスティック形状は、限られた洗⾯台スペースでも、ドレッサーのわずかなスペースにもコンパクトに収まります。
毎⽇使うものだからこそを考えてのコンパクトの追求でもあります。

Function 09

圧倒的なポータビリティ

スリムなスティック形状のため、ショートトリップや出張のときに小型カバンに入 れてもストレスなく持ち運ぶことが可能。
旅先でもいつもと同じスタイリングを楽しむことができます。

Function 10

薄型コンパクトサイズで持ち運びに最適

付属するポーチは薄型コンパクトサイズで持ち運びに最適。開閉し やすいオープンファスナー。
カールブラシも収納できるポケット付きのため機能的に収納もできます。

Function 11

cadoが
追求し続けてきた
理想のカタチ

カドー空気清浄機は、世界 No.1 の性能をたずさえて 2012年デビューしました。
日本メーカーとして初めてCADR最高値を獲得。
世界に誇れる性能と、普遍的な美しさをあわせ持った革新的なプロダクトにより、暮らしの質を向上する価値提案に日々挑んでいます。
空気清浄機でスタートした我々、実は、ヘアドライヤーの開発は 2017 年から行っています。
ドライヤーに当たり前についていたノーズをなくすことに始まり、機能追求にもとづいたプロダクト開発を続けてきました。

プロも認める斬新なカタチと風量

「これなら、毎日ドライヤー したくなると絶対思います」

コンパクトかつ非常に軽いということ、そしてアタッチメントをつけた手軽さが持つ細かな仕様と機能性も持つシンプルな道具である。
と話す ヘアサロン i.Tokyo 代表 菊池祐太氏。

一般的なヘアドライヤーに比べて非常に軽く、作業時のストレスも軽減されます。
またコンパクトなのに大風量のため毎日のヘアドライをラクに時短にしてくれます。

※ 個人の感想です。効果には個人差があります。

PROFILE

菊池祐太 YUTA KIKUCHI
i.Tokyo 代表 / ヘアスタイリスト

美容学校卒業後、1 店舗を経て都内有 名サロンに入社、店長を務める。
2021 年 9 月より「 i.」に共同代表の一人として参画。「 i.Tokyo」 の代表を務める。
指名総売上月間1,600万円。日本一まとまるショートとボブが定評でカミカリスマ1つ星認定スタイリスト。

How to use 使い方

風温を選ぶ

風温切り替えボタンを押すたびに風温が調整できます。
温風を使用中でも、温冷切替ボタンを
押すことで温風と冷風が切り替わります。

※風温をスタイリングに設定すると温風と冷風が交互に切り替わります。

風量を選ぶ

風量切替ボタンを押すたびに風量が調整できます。

カールブラシの使い方

本体とカールブラシは内蔵されている
マグネットで取り付けできます。

※カールブラシ背面のガイドを本体の吹出口に合わせて取り付けてください。

Lee Izumida

“絵のある日常”に溶け込む
スマートでコンパクトなドライヤー

ARTICLE

cado公式オンラインサイト先行購入特典

「Lee Izumida
イラスト付きポーチ袋」

カドーオンラインサイトにて「baton (バトン)」を先行予約いただいた方の購入特典として、Lee Izumida さん描き下ろしのイラスト付きポーチを 1 個プレゼント致します。
※数に限りがある為なくなり次第終了

PROFILE

Lee Izumida

絵描き
1986年、北海道⽣まれ。幼少期から絵を描き始める。
アメリカ留学時に絵を学ぶ。
2015年より東京に拠点を移し、2019年より本格的に絵描きとしての活動をスタート。
アクリル画の作品を中⼼に、看板や宣伝美術、ウィンドウに⽤いられる絵や⽂字を描いている。

Specification 仕様

本体色 シルバー / ホワイト
電源 AC 100V 50 -60Hz
消費電⼒ 約800W(⾼温強⾵・最⼤出⼒時)
⾵量 約2.0㎥/min
サイズ ⾼さ約277mmx直径約38.5mm
質量 約298g(電源コード、カールブラシを除く)
電源コード⻑さ 約1.7m
安全装置 温度過昇防⽌装置(サーモスタット・温度ヒューズ)
付属品 カールブラシ、携帯ポーチ、取扱説明書(保証書)

Maintenance お手入れ

ほこりや汚れ、髪の⽑などの異物が付着し、吸込⼝をふさいでいると性能の低下や、
⾵量が落ちるなど、異常の原因になるため、1か⽉に1回以上のお⼿⼊れを⾏ってください。

お掃除に必要なモノ

  • やわらかい布

  • ブラシ

Point 01

本体をしっかりと握り、フィルターカバーを反時計周りに回します。

Point 02

フィルターカバーを本体から引き下げます。
乾いた布ややわらかいブラシなどでフィルターカバー
および網目からほこりやゴミを取り除きます。

Point 03

フィルターカバーを本体に戻し、時計回りに回します。
必ず本体の鍵印とフィルターカバーの▲印を合わせて、
ロックしてからご使用ください。